コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

平安時代からサルスベリ植栽? 平等院の池で花粉採取(産経新聞)

 江戸時代初期ごろに中国から日本に伝わったとされていたサルスベリの花粉が、京都府宇治市の平等院鳳凰(ほうおう)堂にある阿字(あじ)池に堆積(たいせき)した940年(平安時代中期)ごろの地層から発見された。平等院が24日、発表した。

 通説より600年以上も前から植栽されていたことになり、平等院にある系統が現存する最古のものである可能性が高まった。平等院は「藤原道長、頼通親子が愛でていたかも」と話している。

 この調査や分析にあたったのは、京都府立大の高原光教授(森林科学)。平成21年9月、鳳凰堂の東側にある阿字池で、堆積層(790年以降)の一部を深さ68センチ、直径8センチにわたり採取。各地層に含まれていた花粉の放射性炭素測定や分析などをした結果、940年ごろ以降の地層で、継続的にサルスベリの花粉を検出した。

 サルスベリは中国南部原産の落葉高木で、7~10月に花を咲かせる。文献などから、通説では江戸時代初期ごろに伝わったとされていたが、今回の調査で渡来時期が大幅にさかのぼることになる。

 また、サルスベリの花粉の飛散距離は数百メートル以内であることなどから、阿字池の南側に植栽されているサルスベリが、最古の系統になる可能性もあるとしている。

 京都造形芸術大の仲●(=隆の生の上に一)裕教授(日本庭園史・遺跡整備)は「阿字池には平安時代以前からの堆積土が残されており、当時の環境をうかがい知る貴重な資料。特に、サルスベリが植栽されていたと推定されることは興味深い」と話している。

【関連記事】
平等院の扉絵修理に新技術 魚の浮袋や内臓などを活用
またアライグマ? 二条城で動物のひっかき傷
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現
平等院や長岡京跡地を訪問 京都滞在の両陛下
現存最古「慶祝の舞」鮮やか 京都・平等院
虐待が子供に与える「傷」とは?

首相、分散移転へ協力要請=全国知事会議―普天間(時事通信)
「生活保護受給者に自家用車を」 日弁連意見書に批判、疑問相次ぐ(J-CASTニュース)
クマに襲われ? 男性死亡=肩から胸に深い傷―北海道(時事通信)
<口蹄疫>ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」 農家に不安(毎日新聞)
口蹄疫で特措法案=殺処分損失を全額補償―民主(時事通信)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。